コゴトコム

  1. HOME
  2. 健康・医療
  3. 女性の肌トラブル
  4. 下着のライン、レース部分がかゆい女性の痒み解消法
健康・医療

下着のライン、レース部分がかゆい女性の痒み解消法

パンツやブラが当たる部分がかゆくないですか?締め付けがそんなに強くもないのにかゆい…その原因と対策方法。

下着のかゆみ

女性は男性より肌が弱く、ちょっとしたことで赤くなりかゆくなる人が大勢います。

特に女性はパンツだけでなくブラジャーも付けるため、肌に触れる部分が多くてかゆみを感じやすくなります。

ここがポイント!

  • サイズがきつくないのに痒みが残るのは乾燥肌かも
  • 肌の保湿でかゆみが起きにくくなる
  • このまま放っておくと、黒ずみ、ニキビが増える!

この3点がポイントです!

目次

  1. 下着が原因のかゆみって何?
  2. 抑える方法いろいろ
  3. 下着部分の保湿でかゆみがなくなる
  4. 保湿すれば、締め付けでかゆくなっても痒みがすぐ収まる
  5. もしこのまま「かゆみ」を放置したら…
  6. 下着部分のかゆみ予防に!肌にやさしい保湿剤・保湿クリーム

下着が原因のかゆみって何?

下着が原因のかゆみは、下着を付ける部分の皮膚がデリケートなためです。また一日中身につけて肌と接するため、肌が常に刺激を受けてかゆみと赤みが悪化します。さらにその部分は蒸れやすく肌環境はさらに悪化します。

その状態が続くとと、その部分の皮膚の乾燥が進み、皮膚の代謝が悪くなり黒ずみが残るようになります。そのため、下着のライン、線沿いに黒い線が出たり、ポツポツとした点が残ってしまいます。

下着部分は蒸れやすいのですが、最終的には肌の乾燥がかゆみの原因となっています。

主に次のような症状が出てきます。

  • 下着の線にそってかゆみが止まらない
  • パンツの腰部分のゴムの下がかゆい
  • 下着の縁・縫い目、レース部分がチクチクする
  • 下着の周りだけ皮膚が荒れる
  • 白いフケが出てくる

抑える方法いろいろ

下着が原因のかゆみに悩む人は以下の様な対策を試しておられます。

  • 下着の素材をコットン・綿100%に変える
  • レース部分がないパンツを選ぶ
  • 洗濯の洗剤を変える
  • 下着メーカーを高品質なものに変える
  • 締め付けが気になる場合、下着のサイズを大きくする
  • ブラのカップ部分がかゆい場合、カップサイズを変える
  • シームレスの下着を選ぶ
  • 皮膚科で薬を処方してもらう

しかし、下着が原因のかゆみはこれらで収まる場合もあれば、全く改善されない場合があります。稀に肌の疾病が原因の場合もあります。

かゆみがずっと続いている場合、その部分の皮膚は角質が厚くなり皮脂が堆積し、かゆみだけでなくニキビの原因にもなります。

下着部分の保湿でかゆみがなくなる

ショーツなりブラジャーなり、下着を身につける部位は体の中でも蒸れやすいのですが、この蒸れやすさが逆に肌の乾燥を招いているのを知っているでしょうか?

蒸れた肌は弱くダメージを受けやすくなり、そこに下着の接触、こすれ、締め付けがくるとあっという間に肌細胞にダメージが蓄積されます。そのダメージをつけた肌細胞は代謝が遅れ、ターンオーバーがうまくいかず古い角質が溜まっていきます。

固く古くなった肌細胞は水分を保持できず乾燥し、下着の刺激にとても敏感になります。

つまり、下着部分のかゆみは「保湿」で解決することができます。

保湿すれば、締め付けでかゆくなっても痒みがすぐ収まる

当たり前ですが、下着のサイズが合っていなくて過剰に肌を締め付けていると誰でもかゆくなります。靴下のゴム部分なんかそうですね。

ただ、乾燥肌でなければ、このかゆみは下着を脱いでしばらくすれば収まるものです。保湿されている肌ならかゆみをずっと感じることはなく収まります。ちょっとした締め付けでかゆみを感じる場合で、アレルギー性などの病気でなければ、保湿でかなりマシになるはずです。

もしこのまま「かゆみ」を放置したら…

  • ニキビが下着のラインにそってできる
  • 下着部分の肌が薄くどす黒くなってくる
  • かゆみのある部分の肌の弾力がなくなってくる、へこむ
  • 水着や胸、背中の大きく空いた服、ドレスが着れないようになる

とかゆみだけでなく、見た目もひどいことになってくる可能性があります。かゆいということは、それだけ肌が異常な状態。肌細胞のダメージが蓄積されてこのような症状がでる人が増えてきます。

こうなると厄介です。お風呂に入っても目立つし、水着もこの部分を隠せるものしか着れないようになります。男性の前でもヌードになるのをためらっちゃいますよね。

下着部分のかゆみ予防に!肌にやさしい保湿剤・保湿クリーム

フェアリームーン

フェアリームーン(日中に不快感が強い人におすすめ)

朝用と夜用に分けることで、無理なくベタつきなしで、24時間きっちり下着部分の肌をケアできます。一見分けることで面倒そうですが、朝用は自然な成分中心で嫌なベタつきがなくサラサラ。それでいてしっかりと肌に潤いをキープ。夜用は一転してエイジングケア成分で気になる肌を集中ケア。もちろん下着にくっつくなどのベタつきはありません。

共通して配合されるセラミドコンプレックスが刺激に弱い肌にぴったり。肌のゴールキーパーであるセラミドが潤いで下着の締め付けに潤いで対抗。より早く、より自然にデリケートな肌ケアをしたいひとに好評です。

ピーチローズ

ピーチローズ(パンティラインにおすすめ)

お尻や胸のブラカップ周りなどデリケートな部分のかゆみ、黒ずみに悩む人の美容ジェル。かゆみの原因となる乾燥に対して、薬品ではなく天然成分で保湿します。シミを取るスクラブではありません。肌の保湿とターンオーバーを正常化させるものです。

Jewel Rain(ジュエルレイン)

Jewel Rain・ジュエルレイン(かゆみの範囲が広い人におすすめ)

全身に使える馴染みやすい保湿ジェル。肌を痛める添加物を使っていないので肌にやさしく、ブラの跡などの硬くなった肌をしっとり保湿し健康な肌へ導きます。

みんなの肌潤糖【クリア】

みんなの肌潤糖【クリア】(砂糖を使った自然派。特にデリケートな肌の人におすすめ)

お砂糖の保湿剤。これをなじませるだけで、自然に肌に水分が集まり閉じ込められるように。天然成分なので体全体に使えます。無理やり潤すのではなく、水分を集めるのでプルプルに。下着の締め付けに負けないお肌になります。

他の記事もどうぞ

【口コミ】女性の下着着用トラブル