コゴトコム

  1. HOME
  2. 暮らし
  3. 料理の手間を楽にする方法
  4. 【口コミ】女性の普段の料理の手間と工夫
  5. 帰りが遅い日の晩御飯の料理は何を作る?【女性版】
暮らし

帰りが遅い日の晩御飯の料理は何を作る?【女性版】

仕事で帰りが遅くても健康のために手料理を作りたい。では女性の場合、どんな料理を作るのでしょうか?

毎日仕事が忙しくて帰りが遅いと、お惣菜や外食で晩御飯を簡単に済ませがちですよね。でもそれじゃ栄養が偏るし肥満の原因や健康の悪化につながることもあります。

でも頑張って料理したいという場合、女性はどんな料理を作るのか?

毎日遅くに帰宅。でも外食はしない!どんな料理を作りますか?

40代・女性 – 料理頻度:毎日朝食と夕食、主人と自分のお弁当も作る

とりあえず炊き込みごはんを作ります。別に市販の素を使っても構わないのでとりあえずセットします。キッチンばさみで油揚げなどを細かく切っていっしょに炊けばかさ増しになります。それに即席のお吸い物かお味噌汁をつけて終わりです。炊き込みご飯が余ったらおにぎりにして冷凍しておきます。

32歳 – 料理頻度:週6日

鍋やスープなどの煮込み料理。動物性たんぱく質と野菜などを一度にたくさん摂ることができるし、材料を切って煮込むだけなので準備や後片付けも結構らくだと思います。その他には麺料理も手軽なので重宝すると思います。

30歳・女性 – 料理頻度:ほぼ毎日

とにかく冷蔵庫にある野菜を煮込んでお味噌汁を作ります。切って煮るだけならそんなに大変じゃないし、一品で栄養があるものが用意できればあとはご飯なり何か麺なりやっぱり家にあるものをそのお味噌汁に入れて食べると思います。

30歳女性 – 料理頻度:毎日

ありものを使っての野菜炒め、もしくは茹で野菜にドレッシングをかけて、簡単に食べられるようにします。あと冷凍などご飯の残りがあれば、お茶ずけやスープご飯にして食べます。

40代・女性 – 料理頻度:毎日

冷凍室から豚コマを出して、ニラ、葉物野菜などが玄関前に植わっているのでそれを取ってきて、保存してある自家栽培のニンニクやタマネギを使って、適当に炒めて食べます。割と定番ですけどね(笑)

40代・女性 – 料理頻度:毎日(夕食と、休日の昼食)

簡単にできるカレーライスを、圧力鍋を使って作ります。早くおいしく出来上がります。

20歳・女性 – 料理頻度:毎日

さっと野菜をカットしてシリコンスチーマーで加熱している間に簡単な麺類を茹でておき、加熱した野菜を麺にかけて食べることが多いです。味つけを変えれば、飽きることはないのが良い点です。洗い物も少ないです。

30代・女性 – 料理頻度:朝食と平日の昼は毎日、夜は週に3、4回

そういうケースは実際ないのですが、多分親子丼やたまご丼などの1品料理を作ると思います。もし自分が、帰宅が遅くなる時があるという生活ならば、カレーのストックなどを冷凍しておいて、それを温めると思います。

20代・女性 – 料理頻度:昼食・晩ごはん合わせて、週に7〜10回ぐらい

その時間からだと体重増加が気になるので、できるだけヘルシーで、なおかつ簡単にできるものにします。昼ごはんをしっかり食べるようにして、晩ごはんは軽めに。例えば、豆腐茶漬け。冷ややっこにお茶漬けのもとをかけて、お湯をかけて食べます。例えば、たまご雑炊。少量のご飯で満足感が出ます。ネギも一緒に煮ます。例えば、アボカドをご飯にのせて、カイワレをのせ、わさびじょうゆで食べます。

40代女性 – 料理頻度:毎日

帰宅が遅くなる日は、その日の朝、出かける前に夕飯のしたごしらえをしておきます。例えば温めてすぐ食べられるカレーやシチューなどを作っておきます。あるいは、お昼にしっかり食べて、夜は9時以降なら軽いものを作ります。具体的には、きのこの入った雑炊や牛乳を温めて数分煮込むだけのオートミールを作ったりします。

手料理にかかる時間を短縮させる方法

他の記事もどうぞ

noimage

帰宅が遅いときは具だくさんスープで手間いらず料理

仕事で帰りが遅い人は手料理をしたくても疲れてできない…そんな人はスープ料理を作りましょう。野菜もしっかりとれて、夜でも胃もたれせずヘルシーでおすすめ!

noimage

手料理にかかる時間を短縮させる方法

料理はしたいけど時間がない…疲れる…そんなあなたに、料理時間を大幅に短縮させる、しかも料理のレパートリーが増える方法を教えます。

【口コミ】女性の普段の料理の手間と工夫

【口コミ】男性の普段の料理の手間と工夫