コゴトコム

  1. HOME
  2. 恋愛・結婚
  3. 不妊・妊活
  4. 不妊症対策に効果的な入浴方法
恋愛・結婚

不妊症対策に効果的な入浴方法

近年、冷え性や低体温である女性の増加による無月経や、生理不順などの排卵障害が増えてきています。この排卵障害などが
引き金となって起こるのが、不妊症です。不妊症の詳しい原因は不明ですが、喫煙、無理なダイエット、ストレス、
冷え性などの多くの生活習慣が重なって起こるとされています。

そこで、不妊症の原因のひとつの冷え性対策として、身体を温める適切な「入浴」方法を紹介します。

そもそも「入浴」の何が、身体に良いのか知っていますか?ひとつめは、身体を洗うことで皮膚を刺激し、体表面の
血流を促進させることです。ふたつめに、湯船につかることで身体の芯から温まり、血行が促され、汗をかくことで
老廃物を排出してくれることです。

適切な入浴方法としては、43℃の熱めの湯船につかり、冷水のシャワーを浴びるという行為を3〜4回繰り返し、
入浴後は十分に水分を摂り、20〜30分安静にするという方法です。

しかし、そんな入浴法が面倒だという方は、38〜40℃の湯船に20〜30分つかる半身浴がおすすめです。湯船に
つかっている間は、読書やストレッチなどをすることで、リラックスし、飽きずに継続させることができます。

他にも、週2〜3回就寝前や起床後に5〜6分の足湯(湯船の温度+3〜4℃)をするのもおすすめです。

このように、ひとことに「入浴」といっても様々な方法があります。飽きずに継続するためにも、色々な入浴方法を
試して、楽しみながら冷え性対策=不妊症対策を行ってみたら良いのではないかと思います。

他の記事もどうぞ

noimage

ヘルニア腰痛の人の子作り方法

ヘルニア腰痛で子作りが停滞している人。これが合えば自然に赤ちゃんを授かることができるかもしれません。

noimage

冷え性の妊娠実現は遠くない!

冷え性は妊娠しにくいのは事実です。でもむやみに生姜湯飲んだり運動してもダメですよ。

noimage

夫が風邪薬を飲んだ!?子作り夫婦の事件簿

夫の風邪薬は赤ちゃんに悪影響?実はそれより怖いことも…

子作りのコツ!性交時の精液処理Q&A

子作りで気になる旦那の精液。その処理や質で妊娠確率は変わる!・