コゴトコム

  1. HOME
  2. 暮らし
  3. 料理の手間を楽にする方法
  4. 【口コミ】男性の普段の料理の手間と工夫
  5. 帰りが遅い日の晩御飯の料理は何を作る?【男性版】
暮らし

帰りが遅い日の晩御飯の料理は何を作る?【男性版】

帰りが遅い日の自炊の晩御飯。男性のほうが女性よりシンプルで分かりやすい料理を作る傾向があるみたいですね。

毎日遅くに帰宅。でも外食はしない!どんな料理を作りますか?

49歳・男性 – 料理の頻度:平日の朝と気が向いた時の夕食

私の場合、基本的に料理はお酒の肴になるため、肉と野菜のいため物など野菜と肉を一緒にした料理になります。また、野菜サラダもいいですね。また、2.3日に1回は、刺身もいいです。

22歳・男性 – 料理の頻度:ほとんど外食で、たまに料理する

どうしても自分で料理をしないといけないなら、簡単な鍋にします。野菜を皮つきのまま大きめに切って、全て鍋でグツグツと火を通して、コンソメか何かで手軽く味付けをします。

29歳・男性 – 料理の頻度:週に2,3回

時間がないなりに栄養のバランスを考えて食材を決めるのですが、さくっと作れるようにパスタの具に色々なもの、例えば、キャベツ、ニンジン、ピーマン、ニンニク、トマト、ズッキーニなどを一緒に炒めて、パスタと絡めて食べます。あとは似た食材でどんぶりモノっぽくしたり。基本的には、一皿で収まる料理が多くなります。

35歳・男性 – 料理の頻度:週に2、3回

面倒のでお茶付け、といいところですがそうはしません。豆腐を冷奴で食べ、ご飯に梅干やちりめんじゃこでおにぎりを握ります。それに冷蔵庫の中に入っている適当な野菜で味噌汁を作ります。

40代・男性 – 料理の頻度:月に4,5回、一人のとき。

もし材料が揃っていれば、野菜が多めの中華丼や野菜炒めにあんかけなどした物を作ります。フライパン一つで済み、手順も楽だからです。

37歳・男性 – 料理の頻度:毎日

野菜炒めか冷凍野菜を茹でて食べます。理由はやはり早くできるからです。野菜炒めならキャベツをざく切りにしてもやしをざっと入れて、ピーマンを千切りにして入れれば10分くらいでできてしまいます。また最近ではかぼちゃ、オクラ、ホウレンソウ、ニラ、玉ねぎ、長ネギなども冷凍食品で売っているので助かります。

28歳・男性 – 料理の頻度:外食ばかり

簡単な丼物のようなものを作ると思います。主食、副菜、汁物などは作るのに手間なので、一皿で完結できるものなるべくいいです。他だと麺類は簡単でいいと思います。

40代前半・男性 – 料理の頻度:普段はしない。たまに妻に頼まれて作る

お手軽なパスタです。しかもシンプルなパスタにします。極力レトルトのソース等は使いたくないのでオリーブオイルベースのぺペロンチーノにします。

21歳・男性 – 料理の頻度:毎日

私の場合は仕事柄深夜に帰宅するのが多いので、予め手軽に野菜が摂取できる保存食を作って置くようにしています。煮物や、つけものなどよく作り置きしますね。それらを食べつつ簡単な調理で時間がないときは済ましています。

38歳・男性 – 料理の頻度:気が向いた時だけ

鍋にします。夏でも冬でも鍋が好きなのと、色んな具財をまとめて入れれるので栄養価もたかいので、それでいてあまり手間がかからないので鍋にいたします。最後はおじやも作ります。

手料理にかかる時間を短縮させる方法

他の記事もどうぞ

noimage

帰宅が遅いときは具だくさんスープで手間いらず料理

仕事で帰りが遅い人は手料理をしたくても疲れてできない…そんな人はスープ料理を作りましょう。野菜もしっかりとれて、夜でも胃もたれせずヘルシーでおすすめ!

noimage

手料理にかかる時間を短縮させる方法

料理はしたいけど時間がない…疲れる…そんなあなたに、料理時間を大幅に短縮させる、しかも料理のレパートリーが増える方法を教えます。

【口コミ】女性の普段の料理の手間と工夫

【口コミ】男性の普段の料理の手間と工夫