コゴトコム

  1. HOME
  2. 暮らし
  3. インターネットと固定電話回線
  4. 個人が自宅に電話回線を引くときの月額料金と検討項目
暮らし

個人が自宅に電話回線を引くときの月額料金と検討項目

個人が自宅に電話回線を引く場合の月額料金比較と、損をしない得する検討方法。

個人の方が自宅に電話回線を引く場合、どんな業者と契約し、どれくらいの月額費用がかかるのか気になるとおもいます。

ここでは、各業者の月額料金とサービスの特徴についてまとめてみました。

インターネット回線も一緒に検討するべき

まず検討するべきは、インターネット回線は必要かどうか?です。電話回線を引くときは引越しが主な理由となるでしょうから、インターネット回線も同時に検討することが多いと思います。

WiMAXやEMOBILEなど、無線のインターネット通信業者以外(フレッツやケーブルTVなど)は、だいたい電話回線を安く付けられるサービスがあります。もしそのようなインターネット回線を選ぶなら、電話回線はそれと一緒に申し込むのがお得です。

ネット+電話回線1本の月額料金比較

では、固定の電話番号を1つ取得し、インターネットも楽しむ場合の月額料金を比較してみましょう。

回線業者 月額料金
フレッツ光(マンションタイプ) 3700~4600円
フレッツ光(ホームタイプ) 5000~5700円
WiMAX(初期費用19800円タイプ) 4500~5000円
WiMAX(初期費用0円タイプ) 5500~6000円
イオ光・マンションタイプ(近畿地区のみ) 3000円(2年目~4000円)
イオ光・ホームタイプ(近畿地区のみ) 4200円(2年目~5200円)
ADSL(BBエキサイト) 5200~5500円

ホームタイプとマンションタイプの違い

マンションタイプのほうが安くなっているのは、一定戸数の入居者がいるマンションや集合住宅の場合、1本の回線をマンションやアパートに引き込み、それを各部屋に分散する形をとっているからです。

そのため、回線速度が理論上が落ちるというのと、業者からするとまとまった契約が取れるということで月額料金が安くなっています。回線速度はそのマンションの状況によりかなり差があるようですので、回線速度をかなり重要視する人には向かないでしょう。

これらはマンションによって違います。マンション住まいでもホームタイプになることは普通にあります。実際に私の自宅はマンションですがホームタイプの契約です。

WiMAXの場合の固定電話回線

WiMAXは無線の子機みたいな小さな機械のみでインターネットにつなぎます。そしてこのサービスに電話回線サービスはありません。電話回線は有線でしかないからです。

WiMAXをインターネット回線とする場合は、NTTかKDDIに、別に電話回線を頼むことになります。NTTの場合、月額1700~1950円、KDDIは若干NTTより安かったのですが固定電話回線サービスの新規申込みを打ち切ったためNTTに申し込むしかないでしょう。

WiMAXの初期費用の差について

WiMAXの月額料金は3980円が基本です。しかし、20ヶ月以上継続するなら、初期費用1980円を払うほうがお得になります。なぜなら、この場合月額料金が2980円になるからです。

WiMAXの通信速度について

WiMAXのサービス開始からしばらくは通信可能エリアがかなり狭く、私の職場(結構市街地の中心)でさえ通信不可でしたが、今はかなりエリアが広がっていて問題なく使えています。

通信速度は40Mbpsほどとなっていますが、実際は無線ということで、どこで使うかでかなり差が出ます。あまりにも奥まった部屋では通信できないこともありますが、通信可能な状況なら8~10Mbpsは安定して出ています。この速度が出ていれば動画でも問題なく視聴出来ますし、ネットでイライラすることはまずありません。

ADSLでも実際はこれくらいの速度が出ていれば問題ない程度ですので、使う場所に問題なければWiMAXの速度でストレスを感じることはないでしょう。

電話回線のみでインターネット回線は不要の場合

インターネット回線はいらない、スマホだけで十分という場合は、電話回線だけ契約します。

この場合は、月額1700~1950円となります。

最近は050プラスなどスマホ向けの電話番号サービスがありますが、やはり安定度、通話品質には圧倒的な差があります。

固定電話のメリット

携帯電話だけでいいかな…やっぱり固定電話の電話番号いるかな…と迷っている人もいると思います。確かに最近は携帯電話だけで過ごしている人が増えています。特に一人暮らしの人、学生さんには目立ちます。

携帯電話+インターネット回線なら

もし固定電話が不要で、インターネット回線だけ必要ならWiMAXがおすすめです。部屋の位置環境によっては回線速度が出ない場合もありますが、そうでないなら、普段のネット、動画視聴はこれで十分です。

引越ししても手続きが関係なく、外出時も使えるためスマホ代の節約にもなるからです。ただオンラインゲームなど安定した通信環境が必要な場合はおすすめできません。

固定電話があると助かる場合

固定電話番号はないと絶対に困るということはありませんが、以下の場合に役立ちます。

  • 履歴書等の電話番号記入
  • 就職、転職
  • 何かのサービス申し込み時
  • 信用が求められるとき
  • よく通話をする

以上のように、稀に携帯電話番号だけでは申し込めないサービス(例えば一部の住宅ローンなど)があったり、信用、信頼が重要視される場面での印象に影響したりします。また、携帯電話より通話料が安いため、長く電話をかけるひとは一ヶ月の通話料が安くなる節約にもなります。

まとめ

以上のように情報をまとめましたがいかがでしょうか?

フレッツ光はよく月額料金が高いと言われるのですが、電話回線を必要とする場合は結構安くなるというのと、マンションタイプだとかなり安いという事がわかります。電話回線を引くならフレッツ光を検討するべきなのは明白です。高いというイメージで選択肢から外すと損をするかもしれません。

また、一人暮らしや、家族がネットをあまりしないのならWiMAXとNTT電話回線という組み合わせもいいでしょう。

月額料金が安く収まる上に、外出時も無線機器を持っていけば、旅行先でも高速通信が可能でスマホのパケット代が節約出来ます。まだまだWiMAXの通信エリアは広がっているので、今後もどんどん使いやすくなっていくでしょう。

ただ家族が多かったり、他の同居人がネットを使う場合は、その通信機械を持ち出せないですし、通信速度が落ちることになります。ネットの通信を安定させたいならフレッツ光がいいでしょう。

各個人の使い方を想定して、お得な電話回線とネット回線を手に入れてください。

他の記事もどうぞ

noimage

フレッツ光でオプション加入が条件ではないキャッシュバックが高いサイト

フレッツ光でキャッシュバックを受けたい人へ。オプション加入が必須ではない、ただ契約するだけで4万円がすぐにもらえる代理店です。

noimage

固定電話回線(番号を1つか2つ)+インターネット回線の月額料金比較

通常の固定電話回線とインターネット回線を一緒に契約する場合、電話番号を1つ、または2つ必要とする場合の月額料金比較。

【口コミ】ネット回線の満足度と契約内容

【口コミ】フレッツ光の使用・満足感