コゴトコム

  1. HOME
  2. 美容
  3. ヘアケア
  4. 【口コミ】状態別の白髪染め方法と印象
  5. 白髪の状態によって違う「白髪染めする・しない」
美容

白髪の状態によって違う「白髪染めする・しない」

白髪はどれくらいの状態になったらみんな白髪染めを始めるのでしょうか?染めていない人はどうしているのか?

白髪はどれくらい目立ってきたら白髪染めを始めるのでしょうか?

その程度は人それぞれ。またその対処方法、染め方も個人でバラバラのようです。白髪に悩んでいる人は、他の人の白髪の状態と現在の対処方法を参考にしてみてください。

白髪染めはしている?どんな方法で染めているの?

36歳・女性 – 白髪の状態:まばらに少し

白髪染めをするほどではないので、まだしていません。鏡を見て見つかったらすぐに抜いています。現在は美容室で月に一度程度、普通の髪染めをしていますが、今よりも白髪の量が増えてきたら、開き直って全部白に染めようかと思います。

35歳・男性 – 白髪の状態:前髪に少量

それほど目立たなので、放置してます。長くなったものに対しては抜いて対応してます。白髪を抜くと増えると言われますが、今の所そのようなことにはなっていません。

29歳・女性 – 白髪の状態:つむじ辺りにちらほら

白髪染めはまだしていません。もっとパッと見てすぐわかるくらい沢山生えてきたらしてみようと思いますが、今はまだ様子見です。今は髪染めをしているので、それで調節しています。

40代・女性 – 白髪の状態:全体にまばら。特に生え際が目立つ

白髪染めはまだしていません。もともと肌が弱いので、若い頃から茶髪などのヘアカラーもしていません。ですので、今は白髪を見つけたら抜いているのですが、だんだんと抜くだけでは追いつかなくなってきています。いずれは白髪染めをしなくてはいけないと覚悟しています。

30代・女性 – 白髪の状態:つむじあたりに1,2本

白髪染めはしてません。まだ目立つ段階ではないのでしてません。

36才・女性 – 白髪の状態:全体にまばら

特にまだしていません。まだあまり目立たないせいか必要を感じていません。たまにみつけると抜いてはいけないと言われていますが、抜いてしまうときがあります。もう少し、目立ってきたら自分で染めてみようかと思います。

40代・女性 – 白髪の状態:全体的に、生え際が白くなっている

自宅の風呂場で染めています。ドラッグストアで、パオンの白髪染めを買っています。安売りをしているときは、違うメーカーの商品も買っています。特にこだわっていないです。

40代女性 – 白髪の状態:こめかみ、生え際の全体

白髪染めは、毎月美容室でお願いしています。自分で染めた事はありません。というのもやはり、薬剤が、プロ用のものと市販のドラッグストアで購入できるものとは違うような気がしますし、もちも、美容室のほうがいいいような気がするからです。それに、染めた後のトリートメントなどのケアもしてもらえるので美容室で染めています。

40代・女性 – 白髪の状態:全体にまばら

5週間に一度、いきつけの美容室で染めてもらっています。何度か自分で染めたこともありますが、退色してしまったりうまく染まらなかったりでやめました。美容師さんからも、「安いからいいけど、髪によくないのでやめてくれ」と強くいわれているので自分ではやっていません。

50代・女性 – 白髪の状態:前髪の右側にちらほら

ショートヘアなので自分で染めています。パーマもかけているので染めるのはパーマをかけた後、1週間くらい経ってから染めています。製品名はビゲンのクリーミーフォームを使っています。

後頭部の白髪を抜かずに自分で綺麗に染める方法

他の記事もどうぞ

noimage

後頭部の白髪を抜かずに自分で綺麗に染める方法

後頭部に生えた白髪を染めるのも抜くのも難しくないですか?誰でも簡単に、自然なコントラストで白髪を黒くすることができる方法です。

【口コミ】状態別の白髪染め方法と印象