コゴトコム

  1. HOME
  2. 学習
  3. 英会話
  4. 英語中級者向きのやり直し英会話教材は?
学習

英語中級者向きのやり直し英会話教材は?

英会話が多少話せる、昔留学していたがブランクがある…そんな英会話中級者が選ぶべき英会話教材の選び方。

学生時代や社会人時代に英語を勉強したものの、英検2級まで、TOEICは700点どまり。

仕事で英語が必要になった、外国人ともっと話せるようになりたいと思った時、どんな教材で勉強すればいいでしょうか?

聞き流すだけの教材は意味が無い

いわゆる聞き流すだけで理解できるようになるという教材はダメです。基本的にあれは初心者向けの内容ですし、聞いているだけで話せるようにはなりません、ほとんどの人は。

特に中級者には意味がありません。おそらく聞いたら内容はだいたい理解できると思います。まだ英会話が全くできていない人なら、英語をどんどん耳に入れることで理解は確かに早まりますが、中級者がそれを今更やっても満足することはありません。

しかし、英会話能力をあげるには、この聞くというのはとても効果的です。ただ、中級者が選ぶべき教材は限られています。

中級者向けを選ぶこと

TVCMや新聞広告でよく見る教材はほぼ間違いなく初心者向け。逆に中級者向けはあまり表に出て宣伝されていません。

初心者向けの英会話教材で採用されるセンテンスでは、実際の会話にほとんど使えない、相手の話していることが理解できても適切な表現で返答できないのではないでしょうか?何とか聞けても話せない、ちょっと長い文章、日常生活でネイティブが使う表現が一つ挟まると一気に理解不能になる…などなど。

中級者向けに作られた英会話教材は、明らかに内容が実戦向きになっています。英語を理解させるためではなく、使えるようにするために作られています。理解と使えるは全く別です。TOEIC900点でもまともに英会話できない人は結構いるんですよ。

目的別に教材を選ぶこと

一度英会話を勉強した人が、今になってもう一度やり直す、もしくはレベルアップしたいと思ったのには何か理由があるでしょう。

英語初心者はただ続けられやすそうな、分かりやすそうな教材を選べばいいでしょうが、中級者はその目的にあった教材を選ばないと全く意味がありません。

とにかくリスニング能力、話せる能力を上げたい

ありがちなのですが、英語のニュースやTV番組をひたすら見聞きしても、「英語に耳が慣れる」だけで、聞き取れても理解できるかどうかは別です。

英会話はあくまで英語圏の人と会話することなので、会話のやり取りをたくさん聞き、それがどういった表現でどういったときに使われるのかを理解して行かないといけません。そのためには、ネイティブが実際の生活、あらゆる場面で本当に使う英語を聞かないといけません。

ただ英語を「聞き取れる」ようにするだけの教材は、その教材の英語が聞き取れるだけになりがちです。中級者がちゃんとした教材で学べば、外国で周りの外国人が話している会話が日本語のように入ってくるようになります。

仕事で英語が求められる場合

昔留学していた人でも困るのが、最近の社内英語化。ネイティブ社員との会話で、自分の思った通りの意図が伝わらなかったり、不意の言い回しの意味が分からなかったり…

このように仕事のために英会話をやり直す人がかなり増えてきていますね。

当たり前ですが、オフィス英会話など仕事系の英会話教材を選ぶ必要があります。さらに注意が必要なのがそのレベル。

一般に言う英会話の中でもビジネス英語は格段に難しくなります。そのため、仕事で使うために英会話を勉強しようとすると、ビジネス英会話を学ぼうとするのですがだいたい失敗します。日常の英会話がかなり出来る人でも結構苦労するので、中級者がやるにはちょっとレベルがかけ離れているんです。

しかも、通常の仕事で使う英会話はそこまで高レベルのものは必要ありません。もっと日常に近いものです。ただ言い回しが独特だったり文化の違いを感じますので、それをいかに耳に入れていくかが重要です。

TOEIC600点くらいまでのレベルの人が理解できる教材がちょうどいいでしょう。通常の英会話レベルより人段階下げて選ぶようにします。

そもそも英会話教室じゃダメなのか?

英会話を学ぶ方法というのは教材で学ぶ以外に、英会話スクールに通うのが王道だと思います。しかし、中級者は結構スクール選びが難しいんです。

自分にピッタリのスクールが見つかりにくい

英会話スクールは初心者向けの集客に力を入れているのはご存知でしょう。仮に中級者が入学に向けて相談に行けば、親身になって相談に乗ってくれ、うちの学校ならネイティブ講師がいるのでレベルアップしますよ!と勧められます。

でも、実際に受講したら自分の思っていた内容と違う、とてもレベルアップするように思えない…ということが多々あります。結局、そこの英会話スクールの方針が中級者には見えづらいからなんです。初心者なら分からなくても英語が学べればとりあえず満足なんです。分かりやすいかは別としても。

そういった意味でも、中級者は通学系の英会話スクールを選ぶ際は注意が必要です。その点、英会話教材なら、内容と利用者の口コミがいくらでもあるので、自分の求める内容かどうかのギャップがないという点で優れていますし失敗がありません。

時間の制約がある

当たり前ですが、通学スクールはかなり時間が取られます。英会話初心者だと英会話自体への楽しみで通学できますが、実力アップという現実的な目標の中級者にとっては、効率的に英会話能力を上げたいのではないでしょうか?

特に中級者は仕事のために再学習、レベルアップする人も多く、スクールに通う時間的余裕がない、さらに金銭面でもきついと思います。

完全な英会話初心者なら最初からネイティブ講師に習ったほうがいいかもしれませんが、基本ベースができている中級者は、英会話のやり方、英語への親しみを今さら知る必要はありません。自分にあった中級者向けの英会話教材をちゃんと選べていさえすれば、教材のほうが短期間で一気にレベルアップしますし、費用も大幅に安くつきます。

他の記事もどうぞ

【口コミ】英会話をやり直すなら