コゴトコム

  1. HOME
  2. 恋愛・結婚
  3. 不妊・妊活
  4. 男性注目〜不妊の原因は女性だけではありません
恋愛・結婚

男性注目〜不妊の原因は女性だけではありません

世間一般では不妊の原因は女性にあると考えられがちですが、正確にはそうとは言えません。というのは、場合によっては男性側に原因がある場合もあるからです。これはケースバイケースですので、詳しく検査したりして調べてみなければわからないのです。

私の友人にも結婚してから何年も経つのに子供ができないという方がいますが、不妊治療はしていないようです。このように治療していない夫婦の場合においては多くの場合に女性に原因があると思われる傾向があります。

しかし、実際に検査したりして調べてみないと男性と女性のどちらに原因があるのか本当のところはわかりません。検査して原因を突き止めない限りはすべては闇の中なのです。でも、周囲がとやかく言えるような問題ではないのでなかなか真実は解明できません。

男性は意外と精神的にデリケートなところがあり、ちょっとしたことで性機能に障害をきたすことがあります。性機能に障害が生じれば当然生殖行為はできないのですからパートナーの女性が妊娠することもありません。

たしかに女性に何らかの原因がある場合は多いのですが、男性の側に原因がある場合もあります。子供ができないのを猫も杓子も女性のせいにしたのでは問題の解決にはなりません。やはり夫婦で専門の医療機関にかかってしかるべき検査を受けて原因を究明するべきです。

そして、原因が男女どちらにあろうとパートナーが強力して治療を行っていくことが大切です。

男性不妊の原因・理由

古い時代には不妊症の原因は、勃起不全などの明らかに男性に原因があると目に見えてわかる場合を除いては、女性という母体にのみ問題があるとされてきました。ですが近代の医学の発達と共に、それは決して違うという事がわかりました。ですので夫婦間での不妊の原因を女性に一方的なものだという認識でいると、いつまでたっても子宝には恵まれないという事になります。

男性における不妊症の原因となるものでほとんどの場合は造精機能障害というもので、精子を作る過程に関わるものの異常があるものです。先ほど近代の医学の進歩によって、男性の不妊症の原因が明らかになってきたと書きましたが、それでもとても多くの造精機能障害の根本的な原因が明らかになっていないようです。

男性に不妊症の原因がある場合はよく、「種がない」とは言われますが、確かに結果としてはそういう事になります。ですが男性の場合の話ですと、かなり多くの原因が挙げられます。男性の体の状態が、自身の精子に対して良くない状態であったり、精子を作る精巣自体に問題があったり、甲状腺が炎症を起こしていたりなどの、様々な場合があるようです。

女性にとってはストレスが原因であったりする場合があると書きましたが、男性にとってももちろんストレスが原因である場合もあるのです。それは男性の勃起不全といった根本的な問題で、深いストレスを感じているままになっていると、性交の場面においてもやはり性器が萎縮した状態になってしまうことがあるようです。男性女性限らず、場合は様々なようですので、決して不妊症を軽視せず、精密な検査を早期にしておく事が必要です。

他の記事もどうぞ

noimage

ヘルニア腰痛の人の子作り方法

ヘルニア腰痛で子作りが停滞している人。これが合えば自然に赤ちゃんを授かることができるかもしれません。

noimage

冷え性の妊娠実現は遠くない!

冷え性は妊娠しにくいのは事実です。でもむやみに生姜湯飲んだり運動してもダメですよ。

noimage

夫が風邪薬を飲んだ!?子作り夫婦の事件簿

夫の風邪薬は赤ちゃんに悪影響?実はそれより怖いことも…

子作りのコツ!性交時の精液処理Q&A

子作りで気になる旦那の精液。その処理や質で妊娠確率は変わる!・